eJarn
Username/ID
Plear enter userid
Password      *Forgot Password?
Please enter password
低温域産業排熱から約2倍の温度差で熱回収が可能な吸収冷凍機を開発
2017/05/16
工場排熱や地域熱供給ネットワーク等への活用促進に期待
 
NEDOプロジェクトで、 未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合(TherMAT)の組合員である日立ジョンソンコントロールズ空調(株)らは、 産業排熱等の利用可能温度をより低温域まで拡大し、 従来の約2倍の温度差で熱回収が可能な一重効用ダブルリフト吸収冷凍機「DXS」の開発に成功しました。
今回開発した「DXS」を使用することにより、 排熱利用温度範囲が拡大し、 工場排熱や地域熱供給ネットワーク等における未利用熱の活用促進が期待されます。 
 
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合
日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社

NEDOプロジェクトで、 未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合(TherMAT)の組合員である日立ジョンソンコントロールズ空調(株)らは、 産業排熱等の利用可能温度をより低温域まで拡大し、 従来の約2倍の温度差で熱回収が可能な一重効用ダブルリフト吸収冷凍機「DXS」の開発に成功しました。 
今回開発した「DXS」を使用することにより、 排熱利用温度範囲が拡大し、 工場排熱や地域熱供給ネットワーク等における未利用熱の活用促進が期待されます。 
 
To view the complete content, please log in.
Username/ID
Plear enter userid
Password      *Forgot Password?
Plear enter password