eJarn
Username/ID
Plear enter userid
Password      *Forgot Password?
Please enter password
米国2015年のエアコン需要は微減
2016/02/15
AHRI統計)
 
    米国15年12月の冷専と空気熱源ヒートポンプエアコンの出荷は382,402台となり、前年同月比17.2%減と大幅にダウンした。このうち冷専は前年同月比11.9 %減の245,322台で、ヒートポンプは前年12月に比べて大幅に25.3%減となり、137,080台の出荷に終わった。
 
2015年度合計(1‐12月の累計)
    冷専とヒートポンプの1月から12月までの累計出荷は14年の同期の6,853,650台に比べて0.6減少し、6,815,072台となった。そのうち冷専は前年同期比1.0%増の4,545,876台で、ヒートポンプは3.6減少し、2,269,196台となった。
 
 2014と15年の出荷比較表

ヒートポンプの比率
    上記から分かるように、冷専とヒートポンプエアコンの全体に占める比率は3/2対3/1で、ヒートポンプ比率は2014年の累計で34.3%となったが、2015年は33.3%に微減した。
 
    米国のヒートポンプは2007年ごろまでは全体の20~24%程度を占めるに過ぎなかったが、近年ヒートポンプの比率が伸びてきた。3年前にさかのぼって調べてみると、2012年累計でヒートポンプの比率は30.2%、2013年の累計では、31.9%であり、2014年には34.3%まで比率を高めてきた。
To view the complete content, please log in.
Username/ID
Plear enter userid
Password      *Forgot Password?
Plear enter password